フラギイのメモ

Twitterで書き散らしたことを体系化しようとした。

このブログについて。

作品に対して思ってたことはTwitterで概ね放言してきたかなという感も自分の中で出てきたので、それを整理してこれから先で抱くことと並べてみたりすり合わせてみたり…そういうことをするために作りました。 フォーマットも決まってないのでどんどん変わって…

仮面ライダーアギト感想:第27,28話

この作品における「力とは?」が言語化される回。基本的に説明台詞がすくなく、ドラマで見せる本作においては珍しい。折り返し地点なので一旦整理する意味合いだろう。翔一 記憶を取り戻した彼は姉の自殺を受け入れられないなど普通の人間に近い精神性を持つ…

仮面ライダーアギト感想:第25,26話

アギト25,26話 G3-Xのお披露目も終わり、また、あかつき号の謎へフォーカスされるように翔一 今までのあかつき号関係者といい今回の夢といい、過去にまつわる事象に出てくる性別は女性であることが多い。実はヒーローズ版の翔一はこういうところから拾ってる…

仮面ライダーアギト感想:第23,24話

G3-Xの登場回だが、何故出てくるかの説明だけでなくその周辺にまつわる人間関係がどんどん繋がっていくのでドラマ的にも非常に重要な回。翔一 自分以上の常識外れ・小沢にはペースを握るし、いつも煙に巻く氷川の頼みを聞いてG3-Xを装着したり、主にリアクシ…

仮面ライダーアギト感想:第21,22話

今までの独立していた3ライダーが一挙に揃う転換点。翔一 葦原が寝込んでいるときに真魚を榊宅に挙げないようにする。葦原の病状を慮ってのことか。彼は大雑把なようでいてこういうところに配慮できるのよな。自分のことだけでなく葦原のことを榊に伝えたり…

メガミデバイスSS:セラム

無人だということ以外に何の変哲もないオフィス街。そこ似つかわしくない爆音が響き渡る。銃弾がコンクリートの壁をえぐり、ビームの奔流が地面に爪跡を残す。 生き物が消失した街にたった二人だけ居たのだ。その争う二人はどちらも鎧や武器を纏った女性の…

仮面ライダーアギト感想:第19,20話

翔一 榊に対して本気で好きなようには見えないが、それでも彼女の助けに応じ引っ越しを決める。また。パン屋営業時間中も葦原のためにパンを持ち帰る。こういったところから、正体不明の翔一であるが、彼の優しさは紛れもなく本物として描写され、バックボー…

仮面ライダーアギト感想:第17,18話

3話構成。ここから連続ドラマ色が濃くなり前後編の区切りが弱くなってくる。翔一 翔一の持ち物は少ない=彼の領域は小さい、ということを表しているのかもしれない。彼は他者の居場所にはいつの間にかするっと入るが、彼自身の居場所は不定形で今ひとつ不明瞭…

仮面ライダーアギト感想:第15,16話

翔一 天気が良かったから記憶喪失からも立ち直れたという翔一。もちろん大半の人間にはそんなことは不可能だ。今の、記憶喪失となった翔一は人間的な弱さ・俗っぽさを持ちつつも物語の主人公たる特異性をも持ち合わせていることが此処でも描写されている。 …

仮面ライダーアギト感想:第13,14話

風谷殺害事件について進む回。アンノウンと一見関係ない謎がなんのために存在するのか?こういった謎も並行していく。翔一 今回単なる苦戦の域を超えて命の危険に晒された彼。これまではなんとなくの善性とアギトの本能というふわふわとした理由で戦えてきた…

仮面ライダーアギト感想:第11,12話

感想は書いてるうちにこの回で描かれているのは「手段と目的」なのかなと思った。 翔一 過去を知ることが怖いのか美杉たちの記憶を取り戻すはからいをはぐらかす翔一くん、人並みに恐怖や人間臭さもあることは以前から描かれている通り。しかし、その一方で…

仮面ライダーアギト感想:第9,10話

3人の物語を結ぶための布石が置かれた回。 この作品はミクロな人間模様が主というより(勿論それらも手を抜いてはいないが)、あかつき号という柱から発せられる刺激にそれぞれの3本のストーリーラインの登場人物が刺激を受ける形だ。翔一 地に足ついた生活を…

仮面ライダーアギト感想:第7,8話

前回で主要人物が出揃ったため、やや落ち着いて物語を紡いだ回翔一 翔一は本当に殺人犯なのか?記憶もないためそれを完全に否定できない。翔一の正体不明さにある種孤高のヒーローを感じ始めた矢先に、その正体不明さの負の面を視聴者に見せていくことで停滞…

仮面ライダーアギト感想:第5,6話

第3のライダーギルスが登場する。それに加えアンノウンの殺害対象の選別の有無、氷川の過去などこれからのアギトを牽引していくための要素が示唆された。前回までがクウガとの差異の説明段階なら、ここからアギトという物語のエンジンをかけていくところだ。…

仮面ライダーアギト感想:第3,4話

前回までが、クウガとの差異と世界観の説明に尺を割いていたため、主役である翔一が戦う理由などはこの回で描写されることになる。今の個々の世界観が確立された平成ライダー枠からは少し外れた構成だがこれも黎明期ゆえだろう。 翔一 どうやらG3を襲ったの…

仮面ライダーアギト感想:第1・2話

ちょうど公式配信が始まったので2話単位で書いて行こうと思います。 概要 この2回を観ていると他作品同様の「仮面ライダーアギト」の導入に加えて、前作クウガの続編ではないことのアピールの二つが行われている。その2つの仕事に追われているため、本作の持…

仮面ライダー555感想:第3話

全体 メイン人物が登場していく回。お互いの力関係しか頭にない巧と真理と違い、一見すると人助けに熱心な啓太郎。しかし、前述のとおり我が道を行く二人さえも困惑させる勢いで一人勝手に悲観的になったり小間使いになる彼。この段階では啓太郎に対してもど…

仮面ライダー555感想:第2話

全体 各キャラの状況やスタンスがより説明されている回。今後の布石となるべき行動の方向性が一応見せられているわけだが興味深いのは強力な牽引役を置いていないところだ。仮面ライダー、メイン怪人共に初変身を終えたわけだがどちらも己の(視聴者が共通認…

仮面ライダーギルス(マツイ製作所)

マツイ製作所さんより2019年のワンダーフェスティバルで販売されていたギルスの フィギュアです。 ギルスの体格・質感が見事に表現された一品 複眼はクリアーパーツが使用されており透明感があります 大きさはアーツの1.5倍程。ガレキの塗装は初めてでしたが…

仮面ライダー555感想:第1話

ブログを放置するのも何なので1~数話単位で感想を書いて行こうと思う。当然何度も視聴した作品であるが、できればフラットに、リアルタイム時に抱いた思いや当時の環境も思い出して交えていきたいと思う。 全体 ストーリーラインが複数あり。どれが主人公な…

仮面ライダーアギト感想:概要

・特徴は連続ドラマと群像劇 元々作風が私の肌に合っていたのでアギト・龍騎・555の3作はいずれも放送中に熱中し、今でも好きな作品上位3でいずれも甲乙つけがたい。ただ、完全に横並びであるというわけではなく、その日の気分だったり個々の要素ごとに多少…

仮面ライダー555感想:概要

全体の物語 結論から言うと俺は非常に楽しめた。この作品の企画書には「人がただ生きている。ただそれだけ」という言葉がつづられていたことは有名である。実際、この作品において人の感情と言う物は非常に真摯に扱われている。それを通すための(様々な制約…